どっちがお得?新車と比べた中古車のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新車と中古車はどっちがお得?

新車が買えるくらいの余裕がない…

しょうがないから中古車にしよう…

車が欲しいと考えた時、金銭的な理由から渋々中古車にしようと考えていませんか?

中古車は新車と比べると勝負にならない?

ちょっと待ってください!

確かに工場で製造された直後の新車と比べると、中古車の品質は到底及ばないこともあります。

しかし、見方を変えてみると、新車と比べると中古車のデメリットは意外と少ないと感じるはずです。

それどころか、中古車の方がメリットがあるように感じることもあるでしょう。

そこで、新車と比べた中古車のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット・デメリットを正しく見比べることが必要

中古車を買う理由として一番多いのは、やはり新車と比べて安く買えるからでしょう。

確かに車によっては半額以下で買える車も存在し、とってもお得な気がします。

でも、やはり中古車であるため、実態はわからない事が多く、購入後に故障するリスクも大きくなるといったデメリットもあります。

中古車のメリット、デメリットはそれだけではないため、買う前にもう一度きちんと認識しておきましょう。

中古車を購入する4つのメリット

街中を走っているだけで様々な中古車販売店が存在しており、ピカピカに磨かれた中古車を展示してあるお店を一度は見た事があるでしょう。

お店で売られている中古車のメリットは、次の4つが考えられます。

 

  • 予算内での選択肢が広がる
  • 新車で販売されていない車が買える
  • 購入時の諸費用が安くなる
  • すぐに手に入る

 

順に見ていきましょう。

予算内での選択肢が広がる

何といっても中古車は新車と比べて価格が安いという点が最大のメリットでしょう。

価格が安いということは、例えば予算が100万円だとすると、新車の場合はグレードの低い軽自動車くらいしか選ぶ事ができません。

しかし、中古車であれば、セダンやミニバン、車によってはベンツやBMWを選ぶこともできるでしょう。

もし今まで軽自動車に乗っており、ミニバンやSUVに乗り換える事ができれば、スキーやアウトドアといった新しいことに挑戦する事もできます。

新車で販売されていない車が買える

中古車は新車では買えない絶版車を手に入れるチャンスもあります。

そのため、子供の頃に憧れていた車やモデルチェンジ前の車が欲しかった時などは、中古車として探してみると意外とたくさん出てきます。

案外中古車の方が欲しい車が見つかる可能性がありますよね!

購入時の諸費用が安くなる

中古車の場合は車検が残っている場合があるため、その場合は購入時に必要な重量税が必要なくなることもあります。

また、車を取得した時にかかる「自動車取得税」も、年式が古くなるほど税額が低くなり、6年落ちの車ならたいていの車の税額はほぼ0円になります。

そのため、新車と比べて購入時に必要な税金を安くすることができるため、その分諸経費を抑えられます。

すぐに手に入る

現在の自動車製造工場は、なるべく在庫を持たないように受注生産をしているところがほとんどであるため、購入してから納車まで数ヶ月待つことも珍しくありません。

人気車種の場合だと納車1年待ちなんてことも。

また、人気車種でなくても新車で購入するときは一度メーカーに連絡が行き、工場で必要なオプションを揃え登録手続きを済ませる必要があるため時間がかかります。

一方中古車の場合は、購入するときは展示してある車の所有者を変更し、再度保険の手続きを済ませて整備をすればすぐに乗り出す事ができます。

中古車を購入する5つのデメリット

反対に、中古車のデメリットは、

  1. カラーや付属は選べない
  2. 新車に比べてコンディションが悪い
  3. 保証期間が短い傾向がある
  4. 価格が変動する
  5. 車検までの期間が短いこともある

となります。こちらも詳しく見ていきましょう。

カラーや付属は選べない

中古車は一点物でもあるため、当然カラーを変えることはできませんので、気に入った色の中古車が見つかるまで根気よく探す必要があります。

また、付属品込みで車の値段をつけられているため、

「必要ないから外してその分値段を下げて欲しい」

と言うこともできません。

そのため、中古車の購入は新車と比べ、自由にカスタムする事ができませんので、どこかで妥協する必要が出てくるでしょう。

新車に比べてコンディションが悪い

新車であれば工場で生産され、そのまま販売店に持ち込まれるため、全ての車のコンディションが同じ状態とも言えます。

しかし中古車の場合、何人のオーナーの手に渡ってどのような使い方をされていたのかがわかりませんので、車によってコンディションがバラバラです。

そのため、中古車であれば少なくても当たり外れが出てきますので、購入後にしっかりとメンテナンスをする必要があります。

また、新車のディーラーは全国展開されているため、場所が変わっても近くのディーラーでアフターサービスを受けられますが、中古車の場合は販売店によっては十分なアフターサービスを受けられなくなる可能性も出てきます。

保証期間が短い傾向がある

新車の場合は購入後最長5年間または10万キロの保証といった内容が標準で付けられている事がありますが、これだけ長い保証は中古車ではなかなか付いていません。

そのため、中古車で期間の長い保証が欲しい時は大手中古車販売店で購入し、有料で長期保証に入る必要があります。

価格が変動する

新車の場合は誰でも同じ車種やグレードであれば同じ価格で購入する事ができる「メーカー希望小売価格」があります。

しかし、中古車の場合はコンディションやオプションなどがバラバラであるため、同じ車でも価格が大きく違います。

また、価格が一定しないのも中古車のデメリットとなります。

例えばその車が人気が出てきたときや、季節やボーナス時期、就職や卒業シーズンで需要のバランスが変わった際に一気に価格が上がり下がりします。

特に人気車種は値上がり幅も大きいので欲しい車が人気車の時は注意しましょう。

車検までの期間が短いこともある

新車の場合は購入後1回目の車検は3年間ありますが、中古車であれば最長2年、短い場合は購入後数ヶ月で車検を通さなければいけません。

車検の時は検査費用の他に法定費用や保険代のほか、部品の交換などで追加費用がかかる可能性があるため、中古車を購入する時は残りの車検期間を確認しておきましょう。

関連記事はこちら

ガリバーで中古車購入は高いの?調べてみると理由があった

新車も中古車も買うときには「売ること」も考えること

新車と中古車のメリット・デメリットを解説

新車も中古車も買うときに共通して言えることは、買った瞬間から中古車になるため、次に売却するときに人気がない車の場合は大幅な値引きがされる可能性があります。

そのため、車を買う時は自分が気に入った車を買うことも大切ですが、その中でも売れ筋なカラー、装備品など、世間一般で売れているものを選ぶことも、後に車を買い換えるときに少しでも得することができます。

まとめ

中古車のデメリットはコンディションが悪い車があったり、カラーが選べないといった制約やリスクがあることが目立ちます。

しかし、市場に出回っている中古車の数は多く、ネットでも希望の中古車を探す事ができたり、中古車であっても保証期間を長く取る事ができたりとアフターサービスも充実していますので、中古車を選ぶことのデメリットはさほど目立たなくなってきています。

中古車のデメリットよりも、中古車としてのメリットを考えて、あらためて新車と比べてどちらがいいか判断するといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加