どんな車でも売れる!?廃車や事故車を高く売る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事故や故障で車が動かなくなり、廃車になると売ることができないと思っていませんか?

実は動かなくなった車や事故で大きく破損した車でも買い取ってくれるところは存在します。しかも、ポイントを抑えれば、思っているより高く売ることも可能です。

そこで、廃車を売る方法や、少しでも高く売るポイントなどをご紹介しますので、車が動かなくなっても諦めずこの記事を読み進めてください!

関連記事 ⇒ 【車を売る時の注意】損をする!してはいけないこと徹底解説

廃車を売るための3つの方法

廃車は解体業車に持っていかなくても、3つの方法を使えば買い取ってもらうことが可能です。

 

  • ディーラーの下取り査定
  • オークションなどの個人売買
  • 廃車専門の買取り業者

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ディーラーの下取り査定

もともとディーラーは新車や中古車販売をする業者のことを言います。そのため、新しく車を購入するときに、これまで持っていた車を引き取ってもらう代わりにその分値段を下げてもらう売却方法があります。

 

車両売買のプロが車の購入と同時に売却の手続きをしてくれるため、営業マンに任せることで、手続きの手間が省けるメリットがあります。

 

また、普段から行きつけのディーラーの場合、取引回数が増えてお得意様になることで、次回の車購入時など取引の際にプラスに働く可能性も生まれます。

 

一方、デメリットも存在します。

 

まず、あまり取引のないディーラーで下取りを依頼すると、下取り金額を低く見積もられるというデメリットがあります。

 

また、ディーラーはあくまで、車の買取のプロであるため、下取った車の流通経路は持っていませんので、買取価格が低くなることもあります。

 

さらに、新車を購入するときに値引交渉をしますが、下取りを依頼すると、新車の購入価格に下取り車両の売却価格が反映され、結果として値引いてくれなかったというケースも存在します。

オークションなどの個人売買

個人売買は、知り合いや家族に売ることや、インターネットのオークションなどを通じて簡単に車両を売却する方法があります。

 

この方法は、相手は業者ではなく個人同士の取引ですので、名義変更などの手続きは全て自分達で済ますことが前提となります。

 

個人売買のメリットは、取引自体は簡単に済ませることができるという点です。特に知人だと信頼関係が高いため、売買におけるトラブルはほとんど発生しないでしょう。

 

また、業車に売ると手数料が大きく、買取金額が低くなりがちですが、個人売買だと売却価格も自分で決められるため、比較的高値で売買できることが大きなメリットでしょう。

 

一方、デメリットは、インターネットで見ず知らずの人と取引すると、

 

入金されていなかった

実車が説明と違った

 

などのトラブルに見舞われるリスクが高くなります。特に廃車の売却となると、不具合箇所が必ずあるため、きちんと説明できなければ、後に必ずクレームとなります

 

特にクレーム処理は大変な労力がかかるため、できれば避けたいところですよね。

 

そのため、個人売買で売却するには、手続きについての知識や、トラブルがあった時にきちんと解決できる人でないとおすすめすることはできません。

廃車専門の買取り業者

事故車や不動車であっても、廃車専門で買取ってくれる業者にお願いすれば問題なく買い取ってくれます。

 

これらの業者は廃車の売買を専門に行っているため、ディーラーで売却するより高値で買取ってくれたり、買取店で買取を拒否された車であっても買取可能となります。

 

廃車を売却する方法で最もおすすめするのがこの方法です

 

ただし、新たに車を買うタイミングより早く売却してしまうと、代わりの車がなくなってしまうなんてことも。

 

ディーラーであれば下取りの際に代車を貸してくれるところもありますが、廃車専門買取業車では代車の手配をしていないため、レンタカーなどを自分で手配しないといけません。

 

また、業者によっては買取額を極端に安くして買い叩く悪質なところも存在します。そのため、複数の買取業車で見積もりを取ってもらい、その中からじっくり検討することが大切です。

関連記事 ⇒ どちらがお得に売却できる?ガリバーとT-upを比較

なぜ動かない車が売れるのか

廃車の売却方法をご紹介しましたが、そもそも車としての機能がない廃車が、なぜお金になるのでしょうか?

 

廃車が売れる理由は以下の3つが考えられます。

 

  • 海外で転売するため
  • 付属されている部品が売れるため
  • 鉄くずとしての価値があるため

 

それぞれ詳しくご紹介しますね。

海外で販売するため

日本車は海外からすると壊れにくく安全性が高いなどの理由で高い人気を誇っています。

 

そのため、日本では使われなくなった古い車やボロボロの車でも、動くように修理し、海外で販売することで利益を上げることができます。

 

特にハイエースやランクル、カローラといった車は古くても海外では人気がありますので、意外な金額で買取ってくれることもあります。

 

ただし、輸出する場合は車検が残っても自動車重量税の還付を受けることができませんので注意しましょう。

付属されている部品が売れるため

オプションのナビやホイールといった部品はもちろん、エンジンやミッションも重要な部品となります。

 

動く部品に関しては同車種の修理に使われるため、常に需要がある状態となります。

 

もちろん、日本で必要ない部品も海外では需要があることもあるため、どのような車でも部品としてならお金に変わるとも言えるでしょう。

鉄くずとしての価値があるため

車の素材の約9割は大量の金属から作られていますので、スクラップして鉄くずとして売却することができます。

 

鉄の相場はその地域や日によって異なりますが、乗用車の場合は少なくとも1~1.5トンの鉄が使われており、その場合2~3万円で取引されています

 

そのため、相場価格の半分くらいが買取価格になることが多く、1~1万5千円あたりの買取価格になるでしょう。

 

ちなみにスクラップされた鉄は海外で再利用されています。

廃車を高く売るための3つのポイント

中古車買取販売業者比較まとめ

廃車を売るには専門業者に売る方法がおすすめとご紹介しました。でも、どうせ売るなら少しでも高く売りたいですよね。

 

廃車を高く売るポイントは以下の3つとなります。

 

  • 繁忙期を避ける
  • 自分で業者に持ち込む
  • 保険や税金の還付金を受け取る

 

ガリバー中古車の評判はどうなの?【売買】を解説

繁忙期を避ける

車を売却する繁忙期は12~3月となります。これは、4月1日時点で車を保有していると自動車税を払わなければならず、それまでに廃車手続きをする人が増えるからです。

 

繁忙期になると買取件数は通常の1.5~2倍に増えるため、業者の敷地は車で山積みになり、それ以上車を引き取ることができなくなります。そのため無理に買取金額を上げて買取る必要がないため、買取金額が安くなります。

 

反対に、閑散期は4~7月となり、この時期はお金を出してでも車を確保して仕事を確保したいため、閑散期に売ると高く買取ってくれる可能性が高くなるでしょう

自分で業者に持ち込む

動かない車はレッカー車で引き取りに来てもらわなくてはいけませんが、その車が動くようなら、自走で持っていくことで、買取金額が上がる可能性があります。

レッカー車を依頼すると、人件費やガソリン代がかかるため、その分買取金額がマイナスされます。そのため、少しでも高く買取ってもらいたい人は、「自分で持ち込むから」と言って交渉してみましょう。

税金の還付金を受け取る

直接高く買取ってもらうことではありませんが、税金の還付を受け取ることで廃車を売却した時に手元に入ってくるお金を多くすることができます。

 

自動車税や自動車重量税は廃車を買取ってもらってから手続きすると、戻ってくることがあります。

 

自動車税は、4月1日時点で車を保有していると支払わなければいけませんが、4月以降に手離しても払いすぎた分は還付されます。

 

また、自動車重量税は車検毎に支払うため、廃車で登録を抹消する時に陸運局にある書類に記入して申請することで車検残り期間分の重量税も戻ってきます。

まとめ

車は多くの部品が鉄でできているため、どのような形でもリサイクルすることでお金になるため、売ることは十分に可能です。

 

また、売るタイミングや、売却後の還付金を受け取ることで、思っているより高い値段で売ることも可能です。

 

そのため、愛車が事故や故障で壊れて手放さなければいけなくなっても、諦めず廃車専門業車に買取を依頼し、少しでも高値で買取ってもらうことをおすすめします。

車を売る時は何がいる?必要なものをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加