ガリバーはクレームに対応している?中古車購入の疑問を解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガリバーはクレームに対応しているのか?

一般的に中古車というと、

価格が安い代わりに多少のトラブルはつきもの

という印象を持っている人が多いと思います。

たしかに中古車のコンディションは幅が広いため、誤った車選びをすると新車と同額の費用が追加で発生することもありえるのです。

そのため、少しでも信頼のおける中古車を購入するために、多くの人がガリバーをはじめとする中古車販売店を利用しています。

とくに、ガリバーは日本の中古車売買事業で日本トップの実績を誇っていた企業でもあり、非常に知名度が高く利用しているユーザー数も非常に多いことが特徴的です。

では、ガリバーで何かしらのトラブルがあった際も対応してもらえるのでしょうか?

今回は、ガリバーのクレーム対応についての疑問を解決するために、クレーム対応の実情を調べて紹介していきたいと思います。

ガリバーはクレーム対応でも高評価

がりばーのクレームを真面目に調べました

中古車売買で日本トップクラスの実績を誇っているガリバーですが、クレーム対応についてはインターネット上でも多くの口コミが投稿されています。

とくに、ガリバーのクレーム対応に関しては評価すると答えた人が大半であり、高評価が上回っている状況にあります。

その理由には、ガリバーが東証一部上場企業としての責任とユーザーへの信頼を築くための多くの施策があるからです。

では、具体的にガリバーがどのようなクレーム対応をとっているのか紹介していきます。

【ガリバーの購入】トラブルを防ぐシステムで安全に買おう

購入時にも安心のサポートで対応

がりばーはクレームだらけ?

中古車を購入するときにトラブルが発生する可能性も考えられます。

とくに、

  • 購入前の商談中に起こるトラブル
  • 購入して納品後に発生するトラブル

の大きく2つに分けられます。

ガリバーでは、それぞれのシチュエーションに対してもサポートを用意しています。

まず、ガリバーでは商談に入る前に専属の営業スタッフが担当することになっています。

そのため、店舗に足を運ぶたびに担当者が代わることもないために、商談も進めやすくなっています。

しかし、担当者と相性がよければ良いのですが、なかには担当者が代わらないために嫌な思いをすることもあるかもしれません。

そうなったときに、なかなか自分から他の担当者がいいとは言いだしづらいですよね。

また、商談中に希望の条件と合わない中古車ばかりを勧められるというケースも報告されています。

そういったときに頼れるのが、ガリバーの苦情相談窓口です。

苦情相談窓口で解決する

ガリバーにはさまざまなブランドが存在するため、中古車を売買しているユーザーによるクレームなどは大変多いです。

そのため、ガリバーでは電話とメールでクレームや相談ができるように、苦情相談窓口というものを設けています

苦情相談窓口のメールアドレスや電話番号は、公式ホームページで案内されています。

この苦情相談窓口はガリバーの各ブランドを利用しているユーザーならば利用することができるようになっており、クレームや苦情に対しても真摯に対応しています。

とくに、ガリバーの苦情相談窓口に対するインターネット上の評価は非常に高く基本的には抱えている問題が解決するまで熱心に話を聞いてくれ、対応を行ってくれるようになっています。

ガリバー自体は全国に店舗展開していますが、苦情相談窓口は1つに集約されているために機能が独立しています。そのため、透明性も非常に高いといえます。

ガリバーが東証一部上場企業ということもあり、クレームや苦情に対する姿勢というものが多くのユーザーから見られています。

そのため、とても質の高い社員教育が行われており、クレームに対する応対品質も非常に高い水準で維持されているのです。

こういったことから、苦情相談窓口に相談したユーザーの多くが問題を解決することができています。

関連記事はこちら⇒ガリバーは苦情が多い?その理由とガリバーの対応を解説します

がりばーのクレーム対応:購入後の保証や対応も高評価

ガリバーのクレーム対応や保障を解説

ガリバーで中古車を購入すると、最長で10年間の長期保証が付与されます。

加入条件や購入した中古車によって保証期間も左右されてきますが、中古車としては珍しいサポートだといえます。

この長期保証は適用範囲が幅広く、多くの重要機構パーツも保証対象になっているなど充実した内容が人気となっています。

たとえば、購入した車が納車された後に、エンジンや車体の心臓部にあたるパーツが故障したとします。

一般的には自己負担となるために、50万円以上の修理費用を払わなければなりません。

しかし、ガリバーでは長期保証に加入することになるために、適用範囲内ならば自己負担額は0円となります。

つまり、トラブルや故障リスクが高い中古車だからこそ、起こりうるトラブルやクレームに長期保証という形で備えています

アフターフォローも問題なし

前述したようにガリバーでは専任の担当者が付きます。

そして、購入後になにかトラブルが起きた場合や疑問がある場合に、苦情相談窓口を利用するのも良いですが専任の担当者に相談することも可能です。

とくに、担当制のメリットとしてお互いの状況やニーズなどを把握できるところにあるために、購入後にこそメリットを活かして相談することができます。

購入後に営業担当者へ電話しても、一般的には別担当者に繋がったりと解決までに時間が掛かる場合が多いです。しかし、ガリバーの場合は専任の担当者が付いているために、状況を把握しやすく解決までの時間が短いことが挙げられます。

このように、苦情相談窓口といったサポートセンター以外でも、各店舗のスタッフがしっかりとアフターフォローをしてくれることはユーザーにとっても大きな恩恵を受けることができるといえます。

関連記事はこちら⇒ガリバーは購入トラブルが少なめ?検討者の不安項目から検討

がりばーでクレームの相談しても解決しない場合は?

がりばーはクレーム多すぎるって事実?

実際には少ないですが、ガリバーの苦情相談窓口や店舗の担当者に相談しても解決しないケースも存在します。

そうなったときのために、どこに相談すればよいのかを知っておくと便利です。

ガリバーの公式ホームページでも紹介されていますが、一般的には加入企業であれば「一般社団法人日本自動車購入協会」の相談ダイヤルに電話するのがよいです。

ただし、できればガリバーの担当者や苦情相談窓口で解決することが1番だと思いますので、購入前に不安点などは解消しておくことが大切です。

まとめ

今回は、ガリバーはクレームに対応している?という疑問について解説してきました。

とくにガリバーでは安心・安全に力を入れて中古車を販売しているために、他社よりも充実したサポートが特徴となっています。

たとえば、苦情相談窓口や専任の担当者が付くことなどは他社よりも評価されている部分です。

苦情相談窓口については、インターネット上でも多くの利用者が

相談して解決した

といった内容の評価を多く投稿しており、非常に頼りになるものとなっています。

また、購入後のトラブルについても苦情相談窓口以外では、長期保証の存在によってサポートされています。

重要機構のパーツトラブルについても対応していることが多いため、納車後の車体トラブルについても十分な備えがあると考えてよいです。

このように、ユーザー目線でのサポート体制を整えているガリバーにおいては、クレームに対応していることはもちろんのこと、相談したユーザーの満足度を高めることにも重点がおかれています

信頼のおける中古車販売店で購入することが、トラブルを防ぐコツの1つでもあります。

みなさんもガリバーの利用を検討してみはいかがでしょうか。

【ガリバーで購入】トラブルが他より少ないのは事実?

 

【その他のガリバー記事はこちらから!】

ガリバーは購入トラブルが少なめ?検討者の不安項目から検討

【激白】ガリバーは最悪!?元営業マンが語るメリットとデメリット

ガリバーは苦情が多い?その理由とガリバーの対応を解説します

ガリバーフリマの評判が悪い?メリット・デメリットまで紹介

「ガリバーで中古車購入」高い?信用できる?調べてみた!

【ガリバー中古車の評判】売却の良い口コミが本当か調査した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.