ガリバーは苦情が多い?その理由とガリバーの対応を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガリバーは苦情が多い?評判とその対応を解説

中古車の購入で悩んでしまう事柄は多いですが、購入後にも悩まされることといえばトラブルです。

もし、新車の場合はトラブルが発生しても販売店によるアフターフォローなどが手厚いために心配する必要性はありませんが、中古車はすべてにおいて必ずしも安心とはいえません。

そのような中、中古車売買のトップでもあるガリバーで中古車を購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

もちろん、ガリバーといえば東証一部に上場している大企業であり、信頼がおける企業の1つだと思います。

しかし、インターネット上では

ガリバーは苦情が多い

という風に書かれていることも多く、なかなか購入に踏み切ることができない懸念材料になっています。

そこで、今回は「ガリバーは苦情が多い」という評判が本当なのか、そして対応は良いのかを解説していきます。

ガリバーは苦情が多いって本当?

ガリバーの苦情は本当か調べました

ガリバーといえば、中古車の売買において日本ではトップに数えられる企業の1つです。

とくにガリバーでは品質や安全性を重視する姿勢を打ち出しており、中古車市場において多くの信頼を勝ち取ってきました

しかし、インターネット上では「ガリバーは苦情が多い」といった評判が書かれていることが多いのです。

では、この苦情が多いという評判は本当なのでしょうか?詳しく検討していこうと思います。

【ガリバー最悪】の口コミは本当?ガリバーへの評判を調査して紹介

ガリバーへの苦情やクレーム

ガリバーの苦情はどう?多すぎる?

ガリバーに多い苦情やクレームの多くは以下の2つについてです。

  • 「クレームガード保証」
  • 「セールス電話」

順番に説明していきます。

クレームガード保証

まず、「クレームガード保証」についてですが、これは中古車売却におけるリスクを減らすためにガリバーが用意している保証の一種です。

中古車を売却する際に大切になってくるのが車両の価格です。

もちろん、車両の価格はコンディションや修復歴などによって大きく左右されるものですが、それらの多くは自己申告でなく査定によって決定します。

ガリバーは自社の点検工場を持っているために、査定もガリバーの専任スタッフが担当することになっています。

中古車を売却する際の価格はガリバーの査定によって決定しますが、この決定した価格分を売却額として受け取った後にクレームガード保証が適用されることになります。

売却された車両はガリバーが中古車オークションへ出品することになるのですが、この際にはオークション側の技術者が査定をすることになっています。

つまり、ガリバー側の査定とオークション側の査定では価格に差がつくことになるのです。

この際に買値よりも売値の方が低い場合は損益となります。

しかし、買値よりも売値が低い場合の多くが新たな修復歴が見つかったりなど、事前に車両に欠陥を発見できなかった場合が多いのです。

そのため、この欠陥はオーナーの過失ということで売却後にも損害賠償請求をされるという事態が発生してしまいます。

この損害賠償請求を避けるために、クレームガード保証に入りましょうというのがガリバーの主張なのです。

しかし、苦情やクレームでは「クレームガード保証の必要性はない」として返金等を求める内容のものが多くあります。

これは、損害賠償請求を行うためには瑕疵担保責任が問われるのですが、これが適用されるのは専門的なスキルを有さない個人間というように定められています。

つまり「ガリバー側の査定人は専門の技術者で、そもそも損害賠償請求を行うことができないのだからクレームガード保証も必要ない」という主張に基づくクレームが多いのです。

もちろん、この瑕疵担保責任を争うのは非常に手間がかかりますし、多くの場合で損害賠償請求額よりも高額な費用が必要となってきます。また、瑕疵担保責任が認められる場合も実際のケースとしてあるために、万が一を考えたときにはクレームガード保証に入っていたほうが良いとも言えます

ただ、クレームガード保証についてはガリバー側から詳しい説明を受けて、合意の上で契約に至ったほうが一番良い解決策です。

ガリバーの中古車の評判はどう?メリット・デメリットを紹介

セールス電話

ガリバーの苦情をすべて解説!

つぎに多いのが「セールス電話」への苦情です。

ガリバーでは中古車の売買において専任の担当者がつくことになっています。

そのため一度でもサービスを利用すると、担当者の方から電話で売買の状況などを問い合わせてくる電話がかかってきます。

とくに中古車の売買においては数社のサービスを同時に利用することも多いため、他社で検討しているのにガリバー側から何度も電話がかかってくるという事態が発生していまうのです。

もちろん、専任の担当者がついてくれることは非常に頼もしいのですが、担当者や状況によっては迷惑になってしまうケースに発展する恐れもあります。

この際は、担当者の方に素直に「必要ない」と伝えてしまえば、執拗に電話をかけてくることはなくなるケースが多いようです。

関連記事はこちら⇒ガリバーは購入トラブルが少なめ?検討者の不安項目から検討

ガリバーには苦情相談窓口がある

ガリバーは苦情が多い?相談窓口の対応は?

実はこのような苦情やクレームがあるために、ガリバーでは苦情相談窓口を設けています

これは、ガリバーの各ブランドでも利用できるもので電話とメールの2つの手段で相談することが可能になっています。

とくに自動車も売買におけるトラブルについては、一般社団法人自動車購入協会への相談ダイヤルも掲載されているため、こちらにも相談を寄せることができます。

【ガリバーで購入】トラブルが他より少ないのは事実?

がりばーは苦情に対応?品質は良い?

ガリバーの苦情やクレームをまとめる

ガリバーの苦情相談窓口は本社とは異なる場所で運営されているようです。

そのため、体制としては人数不足や繋がらないといったことは少なくなっています

ガリバーは東証一部上場企業としてコーポレートガバナンスが求められています。

そのため、苦相談窓口として電話とメールで対応を行っており、社員教育も熱心に行われています

とくにガリバー苦情相談窓口の評判を調べたところ、悪いという評判は少なく高評価のものが半数を占めていました

これは苦情相談窓口を担当しているオペレーターへの教育を徹底しているようで、誠実な対応が評価されているためです。

ガリバーでの対応はイマイチという人が相談しても、窓口の対応のおかげでガリバーの評価を上げるという人も多いようです。

関連記事はこちら⇒ガリバーはクレームに対応している?中古車購入の疑問を解決

まとめ

ガリバーは苦情に対応している?

ガリバーへの苦情と対応の評判について解説してきました。

とくにガリバーは中古車の売買でトップの成績をあげているために苦情やクレームも比例して多くなる傾向にあるようです

なかでも、クレームガード保証と電話での営業についての問い合わせが多いです。

とくにクレームガード保証に関するクレームはインターネット上でも多く見受けられており、問い合わせの半数がこれに関する内容のものです。

また、電話での営業については個別に電話で伝えることで解決することも多いようです。

これらの問題を解決するため、ガリバーは苦情相談窓口を設けており、電話とメールで対応を行なっています

とくに苦情相談窓口はコールセンターとしての機能を独立してもっており、社員教育も徹底されています。

そのため、ガリバーでの対応に納得がいかなかった人でも、苦情相談窓口への相談で悩みが解決したという声も多く寄せられています

今回はガリバーの苦情や対応についてみてきましたが、みなさまの参考になればと思います。ぜひ、お困りの際は活用してみてくださいね。

 

【その他のガリバー記事はこちらから!】

ガリバーは購入トラブルが少なめ?検討者の不安項目から検討

【激白】ガリバーは最悪!?元営業マンが語るメリットとデメリット

ガリバーフリマの評判が悪い?メリット・デメリットまで紹介

「ガリバーで中古車購入」高い?信用できる?調べてみた!

ガリバーはクレームに対応している?中古車購入の疑問を解決

【ガリバー中古車の評判】売却の良い口コミが本当か調査した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.