クレームガード保証に違いはある?ガリバーとビッグモーターを比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガリバーとビッグモーターのクレームガード保証を説明します!

愛車を売却するときに考えなければならないことは多いですが、なかでも中古車をどこで売るのかということに関しては慎重に選ぶ必要があります

とくに、中古車の買取りというのは専門知識を持っていない限り不透明な部分もあり、査定方法や金額については専門業者に委ねている部分が大きいからです。

そのように考えたとき、どのようにして信頼のおける専門業者を選べばよいのでしょうか。方法の一つとして、多くの人に利用されている業者を利用するというものが挙げられます

つまり、多くの人が長い期間にわたって利用している業者は、信頼が置かれているから存在していると考えることができます。

実際に調べてみると様々な業者がでてきますが、なかでも知名度が高いものは「ガリバー」や「ビッグモーター」です。

両社ともにCMを流すなどしているために、多くの人から知られており、現在でも利用されている人気の中古車専門店です。

そんな両社の中古車買取りには共通している部分があります。それが、「クレームガード保証」や「クレーム安心保証」と呼ばれる保証です。

では、この2社においてクレームに関する保証では違いがあるのでしょうか。具体的な保障内容や仕組み、そして違いを紹介していきたいと思います。

ガリバー中古車の評判はどうなの?【売買】を解説

そもそも何のための保証?

クレームガード保証はガリバーの方がいい?

ガリバーの「クレームガード保証」やビッグモーターの「クレーム安心保証」が、どういう保証なのか分からない人も多いと思います。

これらの保証を簡単に説明すると、売却後のクレームに備えた保証といえます。

愛車を売却した後のクレームに保証が必要なの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は売却後にも金銭が絡んだトラブルが発生するリスクがあるのです。

そのトラブルの争点となるのが”瑕疵担保責任”と呼ばれるものです。では、具体的にどのようなものなのかを見ていきたいと思います。

売却後のトラブル

愛車を売却するときに中古車専門店を選ぶことから始めますが、どの専門店を選んだとしても必要となってくるのが査定です。

この査定では、売却する車の価値を総合的に判断して金額を提示するという流れが一般的です。とくに、査定人がユーザーから車についての情報や日常的なメンテナンスの有無などをヒアリングすると同時に、車体本体をチェックして修復歴の有無や欠陥がないかを検査します

この際に、基本的にはユーザー側が把握している修復歴の有無などについては話す必要があり、専門店側もそれらの情報をもとに金額を算出していきます。

しかし、ユーザーが把握していないような欠陥が存在する場合も想定されます。たとえば、中古車で購入しているために、前オーナーしか知らない修復歴が存在するなどです。

もちろん、専門店側もこれらのリスクがあることを考慮して車体本体を念入りに調査するのですが、どうしても短時間では見つけられない欠陥が存在することもあります。

そのような欠陥が売却後に発見されたときに、売却主であるユーザーへクレーム、つまり損害賠償請求がなされるということです。

このときに契約時に提示された金額から請求分を差し引かれる場合や、すでにお金を受け取っている場合は請求分を払わなければならないという事態に発展することも少なくありません。

そのため、多くの人がトラブルに備えた保険として「クレームガード保証」や「クレーム安心保証」への加入を検討するのです。

ガリバーは最悪という評判は本当?中古車の対応について調査

加入は必要?

では、「クレームガード保証」や「クレーム安心保証」に加入すると安心なのでしょうか?

もちろん、瑕疵担保責任に基づく損害賠償請求に備えるという点では安心と言えます。

保証される金額の上限は設けられていますが、多くの場合は保証だけでまかなえる範囲内での請求です。

ただし、安心ではありますが必ずしも”必要”と言えない面も「クレームガード保証」や「クレーム安心保証」には存在します。

これらの保証は、万が一の瑕疵が売却する車に認められた場合の請求に備えたものです。つまり、自分が車の状態を把握していて整備手帳なども用意できる場合は、不必要となってくるケースが多くなります

したがって、瑕疵担保責任に基づく損害賠償請求自体が頻繁に行われないために、「クレーム安心保証」や「クレーム安心保証」を適用するケースが少ないのです。

このため、どうしても保証料分だけ損をしたような気分になるユーザーも多いため、加入については任意となっています。

関連記事はこちら⇒どちらがお得に売却できる?ガリバーとT-upを比較

ガリバーとビッグモーターの違いは?

ガリバーとビッグモーターのクレームガード保証を説明します!

ガリバーには「クレームガード保証」が、ビッグモーターには「クレーム安心保証」が用意されています。どちらも、瑕疵担保責任に基づく損害賠償請求に備えたものですが、違いはあるのでしょうか?詳しくみていきたいと思います。

まず、大きな違いとして挙げられるのは”保証料”です。

保証料については差が顕著に表れており、ガリバーでは”買取り金額と国産車or外国車”で料金が細分化されています。

基本的には外国車の方がリスクが高いことから、保証料も高めに設定されています。

たとえば、10万円までの買取り金額の場合は共通して4900円となっていますが、300万円以上の場合は、国産車が21900円、外国車は29900円と大きく差がついています

このように、金額に応じて細分化された保証料がガリバーの特徴です。

一方でビッグモーターは、車種と買取り金額で保証料が一律的に設定されています。

たとえば、軽自動車の場合は1万円、外国車の場合は3万円となっています。また、普通車では買取り金額が100万円以上ならば2万円、以下なら1万円と分かりやすくなっています。

どちらが優れているというのは言い難いですが、金額によってはビッグモーターの方が割高になる場合が多いです。

ただし、両者ともに保証の限度額は100万円までと決められていることには留意しておきましょう。

ガリバーは最悪という口コミ?ガリバーさんの応対品質を調査!

加入のポイント

では、「クレームガード保証」や「クレーム安心保証」への加入は、どのようにして決めればよいのでしょうか?いくつかのポイントとともに確認していきましょう。

まず、確認すべきなのは”整備手帳や修復歴を把握できているかどうか”という点です。

とくに現在の愛車がワンオーナーでなく、中古車で購入したという場合は自信が把握していない修理跡などが見受けられるかもしれません

整備手帳がある場合は、それを参照して確認することをオススメします。

次に大切になるのが、保証料が支払える金額であるかどうかです。

とくに、保証料は買取り金額によって高額化してしまうために、自信が払うことができるかを確認しなければなりません。

また、多くの場合で掛け捨てとなるために、安心のために払える金額の上限を決めておくと加入の際に決めやすくなります

関連記事はこちら⇒ガリバー以外の中古車買取販売業者の評判・各業者比較まとめ

まとめ

今回は、ガリバーとビッグモーターの「クレームガード保証」や「クレーム安心保証」について解説してきました。

どちらも売却後の請求に備えたものでしたが、保証料の体系が異なっていました。

売却する金額と照らし合わせて、どちらのほうがよりお得に加入できるかを比べてみることも良いと思います

もちろん、加入そのものを検討している人は、安心感と支出のバランスを考えた上で決定するとよいでしょう

ぜひ、みなさんも愛車を売却する際には加入を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加