修復歴車や事故車はお買い得?メリットとデメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事故車のデメリットとは?

少しでも安く車を買いたいと考えた時に、中古車の中から修復歴車や事故車を購入しようと検討する人も多いはずです。

また、免許の取り立てで、「すぐに車を傷つけてしまうから安い車でいいや」なんて考えから選ぶ人もいるのではないでしょうか?

そんな修復歴車や事故車について、

  • 修復歴車や事故車は実態がわからない
  • そもそも事故の時の状態もわからない
  • 安全性は大丈夫なのか

といった疑問が思い浮かぶと思います。

きちんと修理されている車でないと、後に様々なトラブルに見舞われるため注意が必要です。

そこで、修復歴車や事故車のメリット・デメリットなどについてご紹介しますので、安い中古車選びを考えている人はぜひ参考にしてみてください!

修復歴車と事故車の違い

まず、そもそも修復歴車と事故車はどう違うのでしょうか?

一言であらわすと、

  • 修復歴車・・・車の骨格(フレーム)部分の交換・修理をした車のこと
  • 事故車・・・事故によって損傷した車のこと

となります。事故によって車のどこかが損傷した場合は「事故車」となり、さらに骨格部分にまでダメージが及んで修理した車のことを「修復歴車」と呼びます。

もう少し具体的にご紹介します。

修復歴車はフレーム交換や補修をした車のことを言います。

単純に事故で損傷した場合だけではなく、災害よってその部分にダメージを受けて交換になっても「修復歴車」となりますので、一概に「修復歴車=事故車」とは言い切れません。

反対に、事故を起こしてもフレーム部分に損傷がなければ事故車にはなりません。

もちろんバック駐車中にちょっとぶつけただけでも、フレームの修復が必要であれば修復歴車となることもあります。

事故車を売却するときは任意で申告することになっていますが、修復歴車の場合は申告義務があるため、もし隠して売却しても、後日修復歴が発覚すれば契約を取り消されることもあります。

事故車や修復歴車を買うメリット

事故車や修復歴車についてご紹介しましたが、メリットも存在します。

 

  • 安く購入できる
  • 昔のマニアックな車が手に入る可能性がある

 

安く購入できる

最大のメリットは、他の車に比べて安く買えることでしょう。

もちろん車種によっても違いますが、修復歴が無い車と比べると数十万円単位で価格が下がっています

なぜ修復歴車はこんなにも安いのでしょうか?

修復歴車は「壊れやすい」「事故にあった」など、イメージ的にマイナスな印象が付きやすいため、どうしても敬遠されがちです。

そうなれば、お店は値段を下げないといつまでたっても在庫として売れ残ってしまいます。お店側はスペースの関係や管理費の問題から早く売ってしまいたいため、価格を安くせざるを得ない状況となります。

昔のマニアックな車が手に入る可能性がある

修復歴がある車の中には、相当古い車が売られていることがあり、たまに珍しい車やマニアックな車が売られていることもあります。

そのため、旧車が好きな人や、若かりし頃に憧れた名車を探している人は、あえて修復歴車を探してみてもいいのではないでしょうか?

ガリバーの対応は最悪という口コミは本当?応対品質を調査した

事故車や修復歴車を買うことのデメリット

事故車や修復歴車は安く買えるのが最大のメリットですが、一度修復した車であるため、様々なデメリットも出てきます。

  • 走行中にトラブルに見舞われる可能性がある
  • まっすぐ走らない可能性がある
  • 手放す時に査定額が低くなる

それぞれ詳しく見てみましょう。

走行中にトラブルに見舞われる可能性がある

最近の車は「モノコック構造」と言い、骨格全体で衝撃を受け止める構造となっています。

そのため、一度大きな損傷を受けると全体に影響を受けるため、破損部分を修理しても、走行中に予期せぬ部分がトラブルに見舞われる可能性があります。

例えば、事故でフロン周りに衝撃を受けたボディを修理しても、周りの部品がエンジンのケース部分に接触し、それに気付かず走行中の振動でケースが破損します。

そこからオイルが漏れてエンジンを破損してしまう可能性や、それどころかオイルから出火して車両火災につながる恐れもあります。

また、事故の衝撃が配線まで及んでいるときは、断線によって突然エンジンが止まったり、ライトが消える可能性など、例を挙げるとキリがありません。

そう考えると、しっかり修理されていない車で公道を走るわけにはいきませんよね。

まっすぐ走らない可能性がある

特に足回り周辺にダメージを受けた車は、サスペンションやホイールの取り付け部分が歪んでいる可能性があります。

そのような状態ではタイヤの角度が変わってしまい、ハンドルを放すとまっすぐ走らなかったり、ブレーキをかけた時にガタガタと異音がする可能性があります。

さらに、どんなに腕がいい板金屋でもフレーム部分の修正は実際に走行しないと確認ができないため、見た目は綺麗に修理されても、完全に直っていないケースも多いようです。

手放す時に査定額が低くなる

修復歴車の販売価格は、一般の車と比べて安く購入できるものの、売る時の値段も安くなるということになります。

ただでさえ安い車が、走行距離が重なりさらに条件が悪くなるため、修復歴車を購入するときは乗り潰すことも視野に入れておいたほうがいいでしょう

関連記事⇒元プロが教える!中古車購入後に必要なメンテナンスをご紹介

修復歴ありの車でもしっかり修理されていれば問題ない

事故車を買うメリットがある?

修復歴ありの車といっても、損傷の程度もバラバラな上、修理の規模もわかりません。

そのため、実態がわからず、きちんと直っていない車を買ってしまうこともあります。

しかし、反対に程度が軽かったり、きちんと修理されている車であれば、状態の良い車を安く手に入れられるとも考えられます。

そこで、直っている車かどうか見極めるポイントについてご紹介します。

きちんと修理されている車かどうか見極めるポイント

修復歴車や事故車本当に直っているかは目で見て確認するしかありません。

また、損傷の度合いによっては修復歴車でもほとんど安全性に影響ない車も存在します。

では一体どうやって確認すればいいのでしょうか?

まず、修復歴車を見て、「左右差が少ない車」を確認する必要があります。

 

  • フェンダーとタイヤの隙間は5m以内のもの
  • エンジンルームの左右差は中心から3mm以内のもの
  • ドアの建て付けの隙間は上位げ左右た衣装かどうか

 

こういったポイントを確認し、購入してもいいかどうか判断しましょう。

5mmや3mmといった数値は細かくてわからないのではというイメージがあるかもしれません。

しかし、不自然に隙間が空いていたり、隙間が無い車、パッと見て部品の位置に違和感がある車など、直感的にわかるものもあります。

そのため、よくわからないと思っても、一度隙間や部品の位置に目を通すことが大切です。

もし少しでもわからなければお店の人に聞き、納得いく答えが返ってこなかったり、違和感が消えないときはその車を選ぶのはやめておきましょう

きちんと修復できているかどうかはお店の人に聞くしかない

目で見て確認して違和感がなかったとしても、不具合が全く発生しない車とは言い切れませんので、最後はお店の人に確認することが重要です。

車の状態は売る人しかわからないため、最後はお店の人の情報が頼りになります。

そんな時に、お店の人と仲良くなっていれば、きちんと情報を教えてくれますが、反対にこちらが横柄な態度をとったりなど、良好な関係が築けていなければ、きちんと教えてくれない可能性もあります。

いくらプロだからといっても相手は人間ですので、良好な関係を築き、少しでもいい買い物をしたいですよね。

まとめ

修復歴車と事故車の違い、メリット・デメリット、その見分け方についてもご紹介しました。

必ずしも事故車=修復歴車とはならないことや、修復歴車については申告義務があることから、販売側は隠すことができないようになっています。

修復歴車といって必ず故障するわけでもありませんし、販売価格が安いというメリットも存在しますので、自分の予算からリスクを差し引いて、問題ないと考えれば購入を検討する価値は十分にあるのではないでしょうか?

そのため、少しでも車を安く買いたい人や、お気に入りの車が修復歴車の場合は、今回の内容を参考に検討してみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加